本ブログはプロモーションを含みます
アメリカ旅行編旅行・ホテル

2023年5月最新 ラスベガス/ハリー・リード国際空港でのHertzレンタカーの借り方・所要時間・ピックアップ方法!【お得&便利な予約方法も紹介】

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

先日ラスベガスからレンタカーでグランドサークル旅行に行った際にHertzでレンタカーを借りました!めっちゃスムーズで快適だったので、ブログでも紹介したいなと思い記事にします。

Hertzレンタカーは予約もピックアップも返却も驚くほどスムーズで快適でした〜。待ち時間ゼロ。

今回のブログではラスベガスでのレンタカーを検討されている方、すでに予約されている方に向けて、Hertzレンタカーの紹介をしていきます。

他のレンタカー会社を利用した経験がないので、比較はできないですがHertzレンタカーは他のアメリカのレンタカー会社と比べると少し高めという位置付けのようです。

それでもサービス品質などを考えて私たちはHertzにしてよかったと思っています。

お得&便利な予約方法

まずは皆さんが気になるお得な予約方法から紹介しちゃいます!

ハーツGoldプラス・リワーズに登録

まずHertzでレンタカーされる方は、絶対にGoldプラス・リワーズへの登録をおすすめします。

登録は無料なんですが、登録するだけで出発時の手続きが格段と楽になります。

カウンターも一般カウンターとは別で並ばずに済みますし、手続きも一瞬で終わります。

Hertz Gold Plus Rewards Overview | Hertz
Sign up for Hertz Gold Plus Rewards for free to earn points every time you rent a car with Hertz. Plus, enjoy exclusive rental car membership benefits.

楽天カード特典を利用して予約

Hertzレンタカーは楽天カードと提携をしており、楽天カード会員は日本での事前予約割引料金から10%オフで予約できます!使わない手はない!

楽天カード会員のお客様には、米国(ハワイを含む)およびカナダにて対象車種クラスをご予約いただくと、会員割引料金に加え、
無料でワンランク上のお車をご用意いたします。

Offer

そもそも楽天カードを持つこと自体がタダなので、出発まで時間があって楽天カードを持っていない場合はまず楽天カードを持つことをおすすめします。

特典割引はパッケージプランというプランでの予約に適用されます。

パッケージプランとは、LDW (車両損害補償制度)、PAI/PEC(搭乗者傷害・携行品保険)、LIS(追加自動車損害賠償保険)、追加ドライバー申請料(6名分まで)、FPO(返却時の給油不要)、税金がすべて含まれた料金プランです。

要するに保険全部のせ・返却時の給油も不要なフルパッケージです。日本とは違う国での万が一の時のためにも保険はフルパッケージで入っておくことをおすすめします。

楽天カードを持つメリットとしては、海外旅行傷害保険もかなり手厚いという点もあります。行程の一部でも出国前の決済であれば1円以上の代金をカード決済しているだけで家族分まで保険対象となります。

海外旅行傷害保険|楽天カード
海外旅行中の万が一のトラブルの損害を楽天カード会員へ補償します。保険の事前申し込みは不要で、24時間365日、日本語でサポート!

もう予約しちゃったっよ!という方、Hertzレンタカーはキャンセル無料なので、一度キャンセルしてから予約し直せばOKです。

ちょっと脱線しましたので、本線に戻ります。

ラスベガス/ハリー・リード国際空港 Hertzレンタカーセンター店

ハリー・リード国際空港のレンタカーセンターは空港からレンタカーセンター行きのシャトルバスに乗っていきます。(無料)

ラスベガスの市内、メインのストリップ通り沿いのホテル内にもHertzレンタカーの受付はあるのですが営業時間が短いです。大体朝からの営業で昼過ぎには閉店してしまいます。

空港に隣接しているレンタカーセンターは24時間営業なので、万が一のトラブルがあっても何時でも窓口が空いているので安心でした。

レンタカーセンターの外観。
中に入ると、様々なブランドのレンタカー屋さんの窓口があります。
Hertzレンタカーは入口入って右手にあります。
ただし、ゴールドメンバーには専用デスクが用意されているので、スルーして駐車場の方へ向かいます。
案内に従って進むとゴールドメンバー専用のデスクがあります。

デスクの真横には、電光掲示板に予約者名とレンタカーの駐車場所の記載がありそのまま車へ迎えます。

なぜか私の場合は一度デスクに来いと書かれていたのでゴールドメンバー専用の受付に向かいました。

駐車場にはズラーとレンタカーが並んでいます。

レンタカーセンターから空港の各ターミナル向けの無料シャトルが出ています。大体10分くらいで空港につきました。

受付の仕方・英語例

受付では、予約氏名と予約時に使用したクレジットカードを確認されました。

たろくん
たろ

Hi ! I have a booking for a car today. 

ももちゃん
受付

Hi, Can I have your name and credit car that you used for reservation?

たろくん
たろ

Here you go! (パスポート・免許証・予約時に使用したクレカを渡す)

てな感じです。

受付の人から自分が予約した車の駐車場所が言い渡されました。

保険フルセットのパッケージで予約しているためか、追加保険の営業とかも全くなくてサクッと終わりました。

こんな感じで駐車場に大量にレンタカーが置いてありますので、自分で車を探しに行くスタイル。

今回は、ミニバン車種で予約をしたところ、クライスラーのPACIFICAという日本では販売されていない車でした。車種は指定できますが、車のブランド指定はできませんので、当日までのお楽しみとなります。

車と対面したら、まず外観の写真を撮りまくってください。

返却時に最初からあった傷だというエビデンスを取るためです。これ重要。変なトラブルの種は最初のうちに摘んでおきましょう。

鍵はダッシュボードの上に置いてありました。一瞬車内のどこにも見当たらなくて探しました笑

出口まで運転して行き、出口にいる係員に免許証を渡して正しい車をピックアップしたかを確認されます。ここで契約書印刷されます。

これで手続きは終了です。ここまでにかかる時間は10分ほどってところですかね。

ちなみに、返却は返却所に行くだけで手続きとかは鍵を渡して終了です。とても楽。

かかった費用

今回は1週間のレンタルでUSD407.63でした。55,000円ほどですね。

ガソリン込み・フルセットの保険込みですので妥当な値段かなと感じます。インフレ時代にしては安い方かな。

ちなみに返却が終わるとレシートが予約時のメールアドレスに自動送信されてきます。明朗会計で素晴らしいですね。楽天カード会員特典の10%引きもされていることがわかって安心。

予約時はUSD489だったので、なぜか80ドルほど安くなりました。

アメリカのドライブは長距離運転することになるので大きい車の方が快適に過ごせます!

最後に

やっぱりアメリカは自動車大国なので、レンタカーがあった方が圧倒的に旅行の自由度が上がります。

これから予約を検討されている方もぜひ、レンタカーにチャレンジしてみてくださいね☆

左ハンドル・右側通行ですが、意外とやってみたらなんとかなります。最初はちょっぴり緊張します。

グランドサークルのドライブで役立つアイテムの紹介記事↓

ドライブ旅行でかかった費用の記事↓

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

もし何か気になることがあればお問い合わせまでお気軽にお問い合わせください!

私たちのわかる範囲でお答えします☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました