【本ブログはプロモーションを含みます】
アメリカ旅行編旅行・ホテル

【2023年4月25日付】ハワイアン航空エコノミークラス体験談 アメリカ入国・日本帰国情報

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

みなさん、こんにちは!

「豊かな暮らしと資産形成の両立」をテーマに大人のデートや結婚、夫婦生活、資産形成についてブログを書いている20代夫婦ブロガー、ももたろ夫婦です!

先日新婚旅行にハワイとラスベガスにハワイアン航空で行ってきました〜!やっぱりハワイの気候って最高ですよね。

今回はハワイアン航空のエコノミークラスの体験談について紹介します。

これからハワイアン航空での旅行を検討している方、ハワイアン航空での旅行の予定がある方のお役に立てる情報だと思います。2023年4月の情報です。

また、搭乗前に不安だったアメリカ入国に求められる書類や日本帰国時の流れについても触れます。

比較的料金もリーズナブルですが、しっかりと機内食も出るし快適な空の旅でした!

私たちのフライト

私たちは、ラスベガスに行くために一番安かったハワイアン航空に乗りました。なのでホノルルが乗り継ぎ地点というちょっと特殊なパターンです。

ですが、基本的にはホノルルでアメリカ入国なので、ハワイと日本を往復するだけの方と手続きは同じになります。

ハワイ乗り継ぎで、アメリカの他の場所に行かれる方は参考になさってみてください。あまりネットに情報が落ちていませんでしたので、実際にやってみて困惑しました。(最後の章で情報をまとめます。)

【私たちのフライト詳細】
行きフライト①NRT – HNL HA 822
日本/東京(成田)- オアフ島/ホノルル
出発 2023年04月25日 07:55 午後
到着 2023年04月25日 08:00 午前

行きフライト② HNL – LAS HA 8
オアフ島/ホノルル - ネバダ州/ラスベガス
出発 2023年04月25日 10:35 午後
到着 2023年04月26日 07:10 午前

帰りフライト③ LAS – HNL HA 17
ネバダ州/ラスベガス - オアフ島/ホノルル
出発 2023年05月03日 01:45 午前
到着 2023年05月03日 05:00 午前

帰りフライト④ HNL – NRT HA 821
オアフ島/ホノルル - 日本/東京(成田)
出発 2023年05月03日 12:25 午後
到着 2023年05月04日 04:00 午後

ちょっと特殊な乗り継ぎ時間の便を指定したので、ハワイアン航空の公式サイトで予約をとりました。11時間半の乗り継ぎ時間でハワイ観光をするという強行スケジュールでした笑

ターミナル

ハワイアン航空のターミナルは、成田空港の第二ターミナルになります。

電車で行く場合は、「空港第2ビル駅」が最寄りですね。私たちの時はカウンター「Q」でした。

3時間ほど前に着きましたが、エコノミーのカウンターで1時間ほど並んだので、結構いい時間になりました。3時間前には余裕を持って空港に到着することをおすすめします。

セキュリティチェック前のレストランは閉まっているお店も一部ありましたが、概ね空いていました。

ゲートは65番でした。

飛行機の中は結構強めの冷房が付いていて寒いです!しっかり防寒具を用意することをお勧めします。

いつも機内にウルトラライトダウンを持ち込んでいます。やはりアメリカ系の航空会社のフライトはとにかく寒い!コンパクトに収納できるダウンが良いです。

あと、セキュリティチェックで水を捨てられてしまうので、搭乗前に水を買った方がいいです。自販機の水は高いので、65番ゲート付近にあるBLUE SKYで買うとお得です。

65番ゲートまでの途中に自販機があるので水買いたくなるのですが、BLUE SKYでもっと安く売っているので我慢しましょう。

アメリカ入国に先立って要求される書類

カウンターの入り口に係りの方が立っていて、必要書類の確認を受けます。

要求されるのはハワイアン航空のウェブサイトの通りでした。以下リンクのハワイアン航空のサイトを熟読してくださいね。
米国入国要件について 渡航の際の準備

 
カウンターで確認される書類
①新型コロナウイルスワクチン接種証明
②CDC要請書類(宣誓書とコンタクトトレーシングフォーム)

宣誓書とコンタクトトレーシングフォームはカウンターでももらえるみたいでしたが、事前に用意しておいた方がスムーズです◎

事前に書いたものを見せるだけでオッケーです。書類はカウンターで回収されます。

ワクチン接種証明書は、日本のデジタル庁がリリースしている新型コロナワクチン接種証明書アプリの画面を見せることでOKでした。

今回の旅行でワクチン接種証明を見せたのは、この1回だけでしたね。

ハワイアン航空の機材

ハワイアン航空 成田⇄ホノルル便の機材はA330と呼ばれる機体です。

機内は割と年季が入っている印象を受けました。座席はこんな感じ。

エコノミーの座席配置が、2席-4席-2席なので、二人の旅行であれば快適です。

足元もそこそこスペースがあります。

モニターも小さくて少し古め。EmiratesのA380に比べるとかなり古い機材と感じました。

タッチパネルですが、反応も悪い。私の席のUSBポートは潰れて使えませんでした笑

日本の映画も少ないので、ipadなどの端末で事前にAmazon Primeの映画をダウンロードしたりするといいと思います。

ハワイアン航空のアメニティ

搭乗するとすぐにアメニティを渡されます。ハワイらしいパッケージですね。

中身は、アイマスク・耳栓・イヤホンでした。

歯ブラシや歯磨き粉は入っていませんので、深夜フライトで歯を磨きたい方は事前に用意必要です!

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/04/16 13:27時点 | 楽天市場調べ)

ハワイアン航空の機内食(行き)

フライトが出発して水平飛行に移行すると、夕食が出てきます。結構美味しい。

コールスローサラダ・和風のハンバーグ・ホノルルクッキーです。

深夜のフライトなので、夕食が下げられてしばらくすると機内は夜のモードになります。

到着2時間ほど前になると今度は朝食が配られます。

ハワイらしい柄のちっさいカバンに入れて配られます。

行きの便は日本の夜に出てハワイの朝に到着するので、なるべく機内で寝た方が時差ぼけ解消になりますよ⭐︎

ハワイアン航空の機内食(帰り)

ホノルルを出発して水平飛行になると早速食事が運ばれてきます。

こちらはチキン。少し薄味でしたが野菜多めで◎

こちらはポーク。豚丼みたいな味付けで結構美味しかったです。

ハワイといえばグアヴァということで、グアヴァジュースください!と言ったら缶ごともらえました。ラッキー。これ美味しいんですよね〜。

到着1時間半ほど前になると、軽食が運ばれてきます。ハワイアンな可愛いラッピング。

中身はポテサラサンドイッチでした。これも美味しかった!

ちょっと写真ブレています。すいません。

アメリカ入国

アメリカ到着後、入国審査にあたってはコロナ関連のチェックは全くありませんでした。

ESTAはオンライン申請なので、特に書類のチェックもなくて、入国審査官にパスポートを渡すだけ。

何しにきた、とか、何日滞在する、とか簡単な受け答えをします。それだけ。

ハワイ到着から出口を出るまでは想像以上にスムーズで、飛行機がついてから30分後には出口に出ていたと思います。

ハワイで乗り継ぎしてアメリカ本土に行くパターン

乗り継ぎでアメリカ本土に行く場合でも最初のアメリカ到着地で入国審査と税関申請が要求されますので、ホノルル空港で入国と一度預け入れた荷物を引き取る必要がありますのでご注意ください。

ホノルル空港でピックアップした荷物をすぐに預けたい場合は、出口付近に荷物をドロップできるカウンターが用意されていました。

私たちは乗り継ぎを使ってハワイ観光をしたので、成田でのチェックイン時に「荷物のタグはホノルルまでにしてほしい」と依頼をしました。

逆に帰りはラスベガスの時点で成田までの荷物タグが発行されたので、ホノルルの乗り継ぎでも荷物は出てこず、そのまま成田まで転送されてきました。

もし帰りの乗り継ぎ時ホノルルで荷物を一度ピックアップしたい場合は「荷物タグをホノルルまでにして!」と依頼する必要がありそうです。

それから、ホノルルからその先はアメリカの国内線扱いになります!国内線のフライトでは水も軽食も全て有料!事前に用意しておいた方が良いです。機内は高いので。

また、ホノルル空港からその先のフライトへのチェックインは自動チェックイン機ではうまくできませんでした。ホノルル空港のterminal 1の出発カウンターにあるCustomer Serviceデスクに行く必要がありますので、出発3時間前には空港に着くようにしましょう。

(私たちはチェックインの仕方がよくわからなくて、結構ギリギリになって焦りました。)

節約情報!重要!

ホノルル空港の出発ロビーで販売されている水は死ぬほど高いです。1Lボトルで4.99USD(=672円)。。

アメリカの空港には至る所にウォーターサーバがあるので、空のペットボトルを捨てずにとっておいてサーバーで補充しましょう。

空のペットボトルは問題なくセキュリティを通過できます!

日本への帰国

ホノルル空港のホノルル発成田行きのターミナルも到着時と同じTerminal 1になります。

アメリカは他の国と違って出国手続きなるものがありません。驚くほどあっさりしています。

入る時は細かく調査するけど、出て行く時はどうぞ出ていってください、という感じです。笑

さて、日本の入国もかなりシンプルになっていました。(帰国したのは、5/4です。)

特にフライト前も到着後もコロナ関連のチェックは全くなし。

税関申告書類を書いて税関で渡すだけでした。事前のオンライン申請もできるみたいですが、調べるのが面倒だったので、紙で書きました。

最後に・旅行おすすめアイテム

いかがだったでしょうか。これから旅行される方の参考に少しでもなれば幸いです。

さて、旅行に持って行くと便利なアイテムを簡単に紹介したいと思います!

まずはハワイでの通信手段として、アメリカで使えるSimカードがあると便利です。

私たちはこちらのSimカードを買いました。ダイアモンドヘッドの頂上でも日本とテレビ電話できるくらいサクサクでした!

検証記事も書きました!

また、ダイアモンドヘッドに登ったのですが、帽子をかぶるくらいで日焼け対策をまともにしませんでした。そのせいで翌日から首がヒリヒリして真っ赤になってしまいました。

4月末でこんな調子だったので、みなさんには是非日焼け対策として日傘を持って行くことをお勧めします。

日傘があるかないかで大違い。日傘は持っていっていたので、アメリカ本土の旅行中は日傘をさして対策していました。

こちらの日傘が晴雨兼用で軽くて小さくて旅行にもとってもお勧め⭐︎

お気に入りすぎて昔ブログにも書いたことがあるのでよかったら読んでみてください。

ハワイでレンタカーを借りることを考えている方にはこちらも

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

ハワイアン航空で素敵な旅になりますように☆

アメリカ旅行編のブログもこれからどんどん上げていきますので、お楽しみに〜✨
何か質問あればコメントください!わかる範囲でお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました