【本ブログはプロモーションを含みます】
アメリカ旅行編旅行・ホテルおすすめ商品

アメリカ/グランドサークルの旅行・ドライブにおすすめなアイテム7選【7日間で1,500kmを爆走した筆者が紹介。これがあれば安心です!】

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

皆さん、こんにちは!ももたろ夫婦ブログです☆

先日夢だったアメリカのグランドサークル旅行に行ってきました〜圧巻の自然!最高でしたね。

私たちの旅行はこんな感じ。
ラスベガスで車を借りて、反時計回りにぐるっと回って戻りました。

訪問地としては、グランドキャニオン国立公園・モニュメントバレー・ホースシューベンド・ザイオン国立公園です。

走行距離1,447kmを6泊7日で爆走してきました。

今回初めてのアメリカでの運転で不安でしたが、いろいろ準備していったものが役に立ったのと、持ってくればよかったと思うアイテムもあったので、私たちの経験をシェアしていきたいと思います。

しっかり準備して楽しい旅行になりますように。

必須アイテム①:Simカード

必須アイテムNo.1は、現地で使えるSimカードです。Google mapで経路を検索するのにもネットがなければできません。

私たちは上記リンクのT-MobileのSimを買って使ってみましたが、とてもサクサクで便利でした。
Simカードってきちんと使えるのか不安ですよね。

私たちの経験を記事にもまとめたのでよかったらご覧ください。結論、買って問題なかったです。

必須アイテム②:カーチャージャー

長距離ドライブには必須アイテム、カーチャージャーです。運転中に携帯の充電に使います。

カーチャージャーはピンキリで安いものは100均にも売っていますが、万が一のことを考えてしっかりとしたブランドのものを買いました。

結果的に私たちがレンタルした車は結構新しい車で、USBのポートありましたし、Carplayという機能が付いていたので、カーチャージャーは使いませんでしたが、どのような車に当たるかわからないので準備しておいて方が良いと思います。

Carplayがない車の場合は、スマホホルダーも必要になるので用意して行ってくださいね。

必須アイテム③:日除けグッズ一式

アームカバー

こちらのアイテム、持っていけばよかったな〜と後悔しました。日除けアームカバーです。

私たちが現地にいたのは2023年4月末から5月頭ですが、グランドサークル周辺はとにかく日差しが強いです。

運転中もハンドルを持っている手に日差しが当たって、手の甲がめちゃくちゃ焼けます。旅行中ずっと手が痛かったです。

多分夏場に行く人はもっと厳しい日差しになると思うので、必須アイテムだと思います。指まで隠れるタイプのものが良いと思います。

日傘

ドライブに日傘は関係なくない?と思うかもしれませんが、日差しが当たる助手席も最高に熱いです。

助手席に座りながら膝の上で日傘をさすと快適に過ごせます。

それとグランドサークルの観光地でも大活躍します。直射日光に当たるだけでも結構体力を消耗しますので、以下のように観光地でも日傘をさして使っていました。

以前お気に入りの日傘についてブログにまとめたのでこちらも合わせてご覧ください。アウトドアにもあう色合いで軽くて晴雨兼用の万能日傘です。

日焼け止めクリーム

大量に日焼け止めを塗りましょう。冗談抜きで日差しがめちゃくちゃ強いです。アメリカのスーパーでも売っていますけどね、日本のものの方が肌に合うような気がして、日本から持参しました。

サングラス

とにかく運転中も眩しいので、サングラスは必須です。

メガネの縁が少ないタイプが運転中に邪魔にならなくておすすめです。

ユニクロにもこういうタイプのサングラスがあります。

ユニクロ公式 | スポーツハーフリムサングラス
ユニクロのスポーツハーフリムサングラス(男女兼用)。購入者のレビュー、ユーザーのコーデは必見。店舗在庫もこちらから。

番外編

ここからはドライブとは関係なく、必須でもありませんが、グランドサークルの旅行に役立ったアイテムを紹介します。

一眼レフ

せっかく絶景を見に行くのでいいカメラで思い出を残したい!と思って、このカメラを買いました。初心者にも使いやすくて気にっています。

こんな写真が撮れます↓

三脚

カメラを買ったら一緒に三脚も買いましょう。

この三脚、足場が悪くても足の長さを調整して設置できるので、トレッキング中などで足場が悪くてもしっかりと設置ができます。

こんなところに設置したり。

岩の上でもOK。

↑に設置してとった写真がこちら↓
一人でもこんな感じの写真が撮れますし、誰もいなくても二人で一緒に写真が撮れます。

三脚もピンキリで安いものもたくさんありますが、転倒してカメラが壊れたりするリスクもあるのでしっかりとしたブランドのものを買いました。

電気ポットとお米

アメリカのホテルには、コーヒーメーカーはあっても電気ポットがあるケースはほぼありません。

日本からカップ麺などを持参する場合は湯沸かし器は必須です!

私たちは泣く泣く現地のスーパーで湯沸かし器を買いました笑

ラスベガスのターゲットで19.5USDでした。

あと、やっぱり日本の米が食べたい!!!!
私たちは以下の尾西食品さんの携帯おにぎりを日本から大量に持参しました!
熱湯を注ぎ15分(水60分)で美味しいお米に。味噌汁とセットで食べると更に幸せ気分になります。

アメリカで外食すると体感、日本の2-3倍かかるので、このおにぎりには経済的にも助けられました。

Airtag

Apple(アップル)
¥4,779 (2024/05/21 16:58時点 | Amazon調べ)

私たちは貴重品などを入れたスーツケースの内側にAirtagを仕込ませました。

もし車ごと盗まれた場合に追跡できるようにしようと思ったのと、飛行機の乗り継ぎで荷物をロストした際に場所を特定できるようにするためです。

結果としてAirtagが登場するような事態にはならずに済んだのでよかったですが、つけておくと安心感があります。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

アメリカでドライブってちょっとハードル高く感じると思いますが、しっかり用意していけばとても楽しい思い出になるはず。

グランドサークル周辺は春から夏にかけてとにかく熱いので、水も大量に必要です。現地のウォルマートなどで調達してくださいね。

ももちゃん・たろくん
もも・たろ

最後まで読んでくださりありがとうございました。
素敵なアメリカドライブ旅行になりますように。まだ見ぬ絶景があなたを待っています・・・

何か他にも聞きたいことがあれば、お気軽に問い合わせまでご連絡ださい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました